スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプスの山旅(2日目)・その3


  宝剣岳山頂から駒ヶ根市、南アルプス、富士山を望む(写真上)

 

  宝剣岳を出発し、三ノ沢岳への分岐までは再びスリル満点の岩場地帯を進む。

 

  慎重にこの難所を無事に通過すると、その先には広くなだらかな尾根道が続いており、ホッとひといき。

  あまりにも気持ち良いので、ここから極楽平までは、周辺を散策しながらのんびり景色を見たり、昼寝をしたりと、全身全霊でこの素晴らしい空間を満喫することにしました(^^)


  そして、のんびりと極楽平にたどり着くと、気持ちの良い尾根歩きと別れを告げて、千畳敷まで一気に下りました。

  この時、下りるのが大変もったいなかったです(^_^;)

  

  無事、千畳敷に到着したら、来た時と同じロープウェーとバス乗り継ぎで自宅へ帰り、美しい風景の山旅は幕を閉じました。

  

  とにかく今回は運良く、雲ひとつない好天に恵まれて本当に最高の山旅となり、感無量でした!

  天気の神様にも大感謝です(^^)

スポンサーサイト

中央アルプスの山旅(2日目)・その2


  2911mのピーク付近から望む宝剣岳(写真上)と千畳敷カール。(写真下)


  ここで満足いくまで景色を眺めた後、来た道を引き返して次は宝剣岳を目指す。

  宝剣山荘から登山道を右へ進み、崖とクサリのスリル溢れる岩場を登り切ると、すぐに標高2931mの宝剣岳山頂にたどり着く。

 

  最高地点の岩の上にも勇気を出して挑戦し、無事に登頂成功!!

また、頂上付近はゴツゴツとした岩だらけで、あまり留まるスペースがなく、少し休憩したらすぐに出発した。

  しかしながら、相変わらずの絶景には感激しっぱなしです!☆

(2日目・その3へ続く)

中央アルプスの山旅(2日目)・その1


  翌日、日の出を小屋の窓から見た後、すぐ出発しました。

天気は快晴、絶好の登山日和です。

出発して20分。早くも中央アルプスの最高峰・木曽駒ヶ岳山頂(2956m)に到着。

(写真は駒ヶ岳頂上付近から見た御嶽山)


ここでは360度の大絶景があり、朝日に輝く御嶽山や北アルプス、八ヶ岳、浅間山、奥秩父の山々、南アルプス、そして富士山が一望でき、天気が良かったので、名古屋や紀伊半島の方までもが見えてしまい、もう感無量でした!

 

  駒ヶ岳山頂でしばらくゆっくりした後、来た道を戻り、次は隣の中岳へ。

  朝の清々しい山歩きは格別です。

 

  中岳へ到着すると、前方には鋭い岩山の宝剣岳が姿を現す。


後方には穏やかな木曽駒ヶ岳があり、真ん中の中岳から見比べてみると本当に対象的な姿をして面白かったです。

 

  天気も良く、時間もたっぷりあるので、ここからすぐ宝剣岳へ向かうのももったいないので、伊那前岳方面の尾根を歩き、ちょっと寄り道です(^^)

 

途中、2911mのピーク付近で足を止め、千畳敷カールが一望出来るポイントで絶景を堪能しながら休憩することにしました。

(2日目・その2へ続く)

中央アルプスの山旅(1日目)


  9月6日、動きの遅い台風12号がようやく遠くへ去り、久しぶりに安定した晴天に恵まれた。

運良く仕事もお休みだったので、せっかくだから中央アルプス・木曽駒ヶ岳とその周辺の山々へ行ってきました。

一日目は、高速バスと普通の路線バス、そしてロープウェーを使って千畳敷まで一気に上り、そこから歩いて駒ヶ岳頂上山荘までの行程。

駒ヶ根駅から、しらび平への山道を行くバスと、その先のロープウェーは、台風の影響で運休の心配もありましたが、これも運良く本日から運転再開となり、本当に良かったです。

また、そんな不安定な状況だった為、山道バスとロープウェーは自分しかお客はおらず、貸し切り状態でした(笑)

 

  乗り物を乗り継いで、標高2612メートルの千畳敷に着くと、千畳敷カールのダイナミックな絶景と、その反対側には雲海が広がっていた。


  その雄大な風景を満喫したら、いざ山登りに出発!

しばらくなだらかな散歩道を歩いた後、急な八丁坂のジグザグ道を一気に登り、稜線に出る。

そこにはさらなる絶景が出迎えてくれた。

感激のあまり、ここでかなり長居してしまうことに…(笑)

そこで見た夕景の雲海に浮かぶ御嶽山は、素晴らしかったです。


  そして、日の入りまで見た後、中岳を越えて駒ヶ岳頂上小屋に着く。

今夜はここで一泊することにしました。

 

  夜中に目を覚まし、防寒具に着替えて外へ…。

そこにはびっくりするくらい澄みわたった最高の星空がありました。

天の川もはっきりと見え、時々流星も流れるなど、本当に現実離れした幻想的な空間に心奪われた一時でした。

 

星空をめいっぱい堪能した後、小屋に戻って再び寝ることにしました。

明日の素晴らしい山旅を期待しつつ…。

(二日目に続く。)

日の出山ハイキング

  今日は、ふらりと奥多摩の日の出山に登ってきました。

 

  天候にも恵まれ、新緑と薫風、そして頂上の素晴らしい景色をたっぷり満喫できて、とっても良かったです。

 

  明日からまた次のコンサートへ向けて練習の毎日ですが、山へ出かける前よりちょっと良い音楽作りが出来そうです。

 

 (日の出山山頂↓)


プロフィール

横山智一

Author:横山智一
東京音楽大学ピアノ科卒業。
2006年・日本クラシック音楽コンクールピアノ部門全国大会第5位。
2007年・横浜国際音楽コンクールピアノ部門Fリスト賞。
2010年、第34回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会A1カテゴリー第1位。
他、数々のコンクールに入賞する。
現在でもなお、研鑽を積む傍ら、様々なジャンルで演奏活動を展開し、好評を得る。
また、モーツァルトのオペラ「魔笛」にて、武士・僧侶の二役で出演、毎年教会の聖歌隊に合唱で参加など、ピアノの他でも活動を行っている。
現在、ピアノを多喜靖美氏に師事、自らも後進の指導に力を入れている。
全日本ピアノ指導者協会指導者会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。